Sexaholics Anonymous Japan Top Page

Sexaholics Anonymous
セクサホーリクス・アノニマス

SAの12の伝統

  1. 優先されなければならないのは、全体の福利である。個人の回復はSAの一体性にかかっている。
  2. 私たちのグループの目的のための最高の権威はただ一つ、グループの良心のなかに自分を現される、愛の神である。私たちのリーダーは奉仕を任されたしもべであって、支配はしない。
  3. SAのメンバーになるために必要なことは ただ一つ、性的な渇望をやめ、性的にしらふになりたいという願いだけである。
  4. 各グループの主体性は、ほかのグループまたはSA全体に 影響を及ぼす事柄を除いて、尊重されるべきである。
  5. 各グループの本来の目的はただ一つ、いま苦しんでいる性依存症者に メッセージを 運ぶことである。
  6. SAグループはどのような関連施設や外部の事業にも、その活動を支持したり、資金を提供したり、SAの名前を貸したりすべきではない。金銭や財産、名声によって、私たちがSAの本来の目的から外れてしまわないようにするためである。
  7. すべてのSAグループは、外部からの寄付を辞退して、完全に自立すべきである。
  8. セックスアホーリクス・アノニマスは、あくまでも職業化されずアマチュアでなければならない。ただ、サービスセンターのようなところでは、専従の職員を雇うことができる。
  9. SAそのものは決して組織化されるべきではない。だがグループやメンバーに対して直接責任を担うサービス機関や委員会を設けることができる。
  10. セックスアホーリクス・アノニマスは、外部の問題に意見を持たない。したがって、SAの名前は決して公の論争では引き合いに出されない。
  11. 私たちの広報活動は宣伝よりも、ひきつける魅力に基づくものであり、活字・電波・映像の分野では、私たちは常に個人名を伏せる必要がある。
  12. 無名であることは、私たちの伝統全体の霊的な基礎である。それは各個人よりも原理を優先すべきことを、つねに私たちに 思い起こさせるものである。

(AAワールドサービス社の許可のもとに改作して転載)